2008年10月8日水曜日

初、ローカルポイントへ


さてさて、明日からは多忙な日々が始まると言うことで、、、。
ゆるゆるな今日は午前中どっぷりと波乗り三昧。
朝一、いつものように岩瀬浜。
ちょっとタルい波だったので、だらだらと2時間半も入水。
で、帰ろうと思ったところへ、情報が入る。
県東部の河口ポイントのコンディションがいいと、、、。
ちょっと風向きが悪いかなと思いながら、50分かけて移動。
たどり着いたのはいいけど、情報発信者がもう居なくて、知らない顔ばかりだ。
ここはベリー・ローカル・ポイントなので、ちょっと不安だが、せっかく来たしで、即入水。
インサイドでは川の流れが速く、水が冷たい。
レベルの高いロコ達のセッションが素晴らしい。
ルールをしっかり守ってれば、ビジターでもOKっぽいが、なかなか乗れないのが現状。
ミドルのブレイクに何本か反応したあと、ピークへ。
風はいまいちだけど、サイズは胸から肩でパワーとブレイクはサイコー。
帰り際、知り合いが来てホッとした。
緊張感あふれる1時間半でした。
7本くらいは気持ちよく乗れたかな。

2 件のコメント:

やっさん さんのコメント...

波乗りは縄張りみたいなもんが
あるんですね。
うちのそばの河口もそんな話を
良く聞きます。

スナさんでも緊張するんですか!

スナ さんのコメント...

みんなの海だから、仲良く楽しめればいいんだけど。
良い波の数が限られてるから、サーファーの人数も必然と決まってくる訳で、、、。
わかりやすく言うと、雨飾山のパウダー狙いで1000人が同時入山すると、いくら山は広しと言えど、斜面の向き、斜度、雪質のいいところに人は殺到するのと同じなんだわ。こうなるとルールやマナーなんて存在しなくなるんだね。だから、ロコ達はそこで最低限のルールとマナーを作ってるわけ。ビジター大歓迎ではないけど、その最低限のことを守ってればパンチアウトになることはないです。(実際はロコ同士でブロックされて乗れないのが現状)

でも、こう言うポイントはわずかで、ちょっと波質が落ちるけど、ビジターOKのところもいっぱいあります。

オレ、小心者ですから緊張しまくりです。
特にウクレレソロがね。(笑)