2008年10月7日火曜日

富山市天文台


とやま古洞の森にある天文台に行ってきた。
まずは、この天文台へのアプローチがおもしろい。
このあたり全体が鳥獣保護区になってるので、車乗り入れ禁止。
最寄り駐車場からでも徒歩12分で往復24分。
これじゃ大変だろうと言うことで、ママチャリを貸してもらえる。
ついでに熊除けの熊鈴も付いてくる。
行きも帰りも、係の人に『気をつけて!』と言われるところが、命がけな感じではある。
やっぱり、徒歩は危険である。
ママチャリのくせに3段ギヤで快適かと思えば、最後の50mは結構つらい。
たぶん、普通の人は降りて押すだろうな?

当然、平日でこんな感じの所だから、施設は貸切り状態。
まずは、プラネタリウムな部屋で夏から秋に見える星座を事細かく説明してもらった。
質問も気軽に出来るし、たのしい。
ペガサス座のおヘソあたりにある星とアンドロメダ座の頭にある星が重複してることを発見。
お〜、星座たのしいぞ。
次は天体望遠鏡での観測ではなく、天体望遠鏡を観測。(昼間だったので)
これぞ天文台って感じのドームな部屋に案内された。
シャッターが開いて、ドームーが回転しただけで興奮するオレ。
この望遠鏡、光を集める鏡の直径が1m、ちなみにハワイにあるスバル望遠鏡は直径8mだそうだ。その鏡を制作したところは同じ会社らしいが、、、、。
そんなんで、1時間半ほど社会見学させてもらった。
次は夜の天体観測に出かけたいが、アプローチが恐い。(実は夜にはシャトルバスが運行されている。)

2 件のコメント:

みどりん さんのコメント...

実は、小学生の時に親にねだりに
ねだって、誕生日のプレゼントに
天体望遠鏡を買ってもらった。
が、もうずい分と箱の中。
久々に出してみるかな~

スナ さんのコメント...

へ〜普通、天体望遠鏡を欲しがるのは男の子やろ、、、。
ぜひぜひ、箱の中から出して天体観測してみてください。
はっちゃん、喜ぶだろうね、、、、同じDNAだしね。