2017年5月9日火曜日

薬師岳ツアー'17

今回は数年ぶりにスノーボーダー(2名)との混成チームで男子5女子2計7名。内、初参加が3名。

1日目上山日:晴れ基調高曇り微風。脚の力はほぼ揃ってる感じで登り始めるが夜勤明け参加のK君のペースが落ちたけど、スタートから7時間半ほどで太郎平小屋に無事到着、上々。

2日目:晴天微風の絶好のコンディションからのスタート。目指すは上ノ岳〜赤木平〜カペッケが原〜薬師沢〜太郎平小屋の比較的ロングルート。このルート実に11年ぶりの自身4回目。
上ノ岳東斜面の広さと長さにはいつも圧倒される。雪には少しいじめられたけど、まずまずの滑降となった。
赤木平までチョイ登り返して気持ちのいい斜面を薬師沢まで落とす。今回のツアーでこの斜面が一番気持ち良く滑れた。

ボトムでランチしたあと、沢沿いに太郎平小屋を目指すも、オレの判断ミスでしょっぱい登り返しとなったけど、右俣左俣出会いまで出て正規ルートに復活。

薬師峠に出た頃には影が長く伸びる時間になっていた。
 夕食後、夕日をバックにシルエットのみ撮影、顔がわからん(笑)
3日目:晴れ弱い風で雲の流れは速し。目指すは薬師岳本峰。
この頃にはK君の体力が完全復活してまずまずのスピードのあるハイクアップとなる。
避難小屋まで2時間。
避難小屋でスキー板、スノーボードをデポしてツボ脚で登頂。
この頃から少しガスがかかり始めた。避難小屋まで戻りドロップ準備してのガスが晴れるまで待つこと20分くらい。ザラメ雪なら楽しい斜面だけど、難しい雪で手こずった。
我がチームエースのW君にアクシデント。とりあえずたっぷりと休憩。
休憩中は笑いが止まらない。
しかし、W君ヤバイ感じ。
このあとの写真はないけど、スノーボーダーと新規ルート開拓。雪質が良ければ奇声あげまくりのルートになること間違い無し。

4日目下山日:雨風強し。怪我人のW君に先頭を行ってもらうことに。痛みをこらえての下山は辛かっただろうと思う。精神力の強い人です。
この山行でW君が持ってきてくれた無線機が活躍してくれた。