2018年6月17日日曜日

波乗り週間

この梅雨時に珍しく富山湾にサーフィンが出来る波が立った。それも4日間連チャンで。
13日は常願寺川河口、少人数でムネ前後のファンウェーブを3ラウンド、14日はジャンクな岩瀬浜で、15日は起きられずレイトチェックのみ。16日は再び常願寺川河口でハラ前後のファンウェーブを4時間半。カラダも調子良くて、絶好調といかなくてもそれに近い状態。バンバン乗れたから楽しかった。一緒に遊んでくれた皆に感謝。
久しぶりにドローンも飛ばしてみたけど、操縦や撮影はまだまだ未熟でした。







2018年6月6日水曜日

6月2日と3日

この時期恒例の1泊サイクリングは京丹後を走った。
偶然、去年ドライブしたところ。
マイクロバスとハイエース(トランポ)の2台で15人が移動。
拠点は丹後由良にある民宿わすれなぐさ。少し古いけど快適に過ごせる良いところだった。
いろいろ交通事情(たんたんライドと言う1800人参加のグランフォンド)もあって2日目に走る予定だったメインコースを1日目に前倒しすることになった。距離120Km、総上昇1000m超を10時過ぎから18時までの8時間弱。
ルートファインディングも含めて、けっこう頑張らなくてはいけない感じのデータ(笑)
小グループに分かれての出発。オレのグループはアキラ先輩と哲也君と心強いメンバー。
交通量の多い街中を抜けるまでが2時間とルートミスがストレスとなった。途中、健脚チームの清田君がメカトラで合流して4人となる。その後は登りと下りだけの難度の高いコースが続く。

海沿いは景色もよく気持ちが良いが、半分くらいの距離で脚がいっぱいになってきた。
合流した清田君が元のグループに戻り、再び3人。
舟屋で有名な伊根までは強烈なアップダウンの連続で後半は笑いしかでなかった。
哲也君は脚がいっぱいになり攣り攣りの状態。
 舟屋群を抜けた後はフラットな快適な道が続く、ここを32km/hくらいで気持ちよくクルーズして天の橋立てまで。そこから宿まで、脚が攣ったりしてペースダウン、ルートミスもあり結局127kmと他のグループよりも8kmほど多いがなんとか17時半にゴール。
天気もよく湿度もそれほど高くなくてサイクリング日和だった。
 2日目は自転車にのるグループと乗らないグループに分かれての行動。
迷わず乗らないグループを選択(笑)ローカル線に乗って天の橋立て観光へ。
雪のない時に乗るリフト、風が気持ち良い。
 展望台で股覗きを、、、たしかに龍のように見える。
下山後、自由行動となりグループが二つに分かれた。
客引きの兄ちゃんにプレジャーボートを勧められ、値引きもしてくれたので貸切でクルーズ。ひとり900円×5人。観光地の割には安いのだ。男5人でワイワイした(爆)
 船着場を見ながらのお茶タイムも立地の割には安い。ここも気持ち良かった。
その後、ピンになり参拝したり、お土産やさんを見るも、この辺は北前船の寄港地なんんで、売られてるものが富山とさほど変わらず。食べ物やも海鮮が中心。おかげで散財は防げた(笑)
また数人と合流して、ラーメン。朝9時から営業してるこのお店の名前が「くじからラーメン」このラーメンは絶品だった。安いうまい早いがよろしい。
そして1本早めの汽車(架線がないので電車とは言わない)で宿まで帰って風呂入ってから帰路につく。

幹事の泰雄くん、運転してくれた野田さん、坂井くん、哲也くん、そしてラ・トータスメンバーのみんなお疲れ様&ありがとうございました。今回も大きなトラブルなく楽しく終われて良かった。

備忘録:練習は十分に必要(爆)